スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新緑の西沢渓谷 訪問記 -2- 

つづら折の階段を登りゴロゴロした岩の道を進むと、奇妙な岩やいろいろな滝が現れます。
ここは10分もあるけば何かしら看板の説明がありますのでさほど疲れは感じさせません。また水の透通ったグリーンに癒されます。

nishizawa_7750.jpg

ウナギ床(近辺)

nishizawa_7755.jpg

人面洞

nishizawa_7760.jpg

竜神の滝

nishizawa_7767.jpg

恋糸の滝

nishizawa_7770.jpg

貞泉の滝

nishizawa_7780.jpg

母胎渕

nishizawa_7785.jpg

カエル岩

カエル岩を過ぎ、方杖橋を渡りちょっと登るとようやく最終の地点(厳密にはもう1つあります)七ツ釜五段の滝に到着です。

nishizawa_7786.jpg

方杖橋

この渓谷の中で一番の見所です。
吊橋の上からまずは1枚撮ろうとしたのですがこれがまた難しい。何せ吊橋ですから揺れるのです。揺れがおさまったのを見計らってはシャッターを切ります。

この時、また昨年夏の悪夢再び(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
またしても水準器が落下。疲れていたせいか元々いい加減な性格なせいかわかりません。セットしようとしたときに落下です。でも今回は足元だったのでラッキー。
水準器を拾おうとしてかがんだ時に今度はポケットからスルッとレンズキャップが落下 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
これも足元だったので助かりました。

斜面を降りて滝を撮っている人もいて私もそこに行こうかと思いましたが、どうもこういうことがあると私も何かありそうなのでやめました。

nishizawa_7800.jpg

七つ釜五段の滝(最下部)
結局橋を渡ったところからの撮影です。

nishizawa_7804.jpg

虹が見えるでしょうか?

nishizawa_7811.jpg

七つ釜五段の滝(上部)
これを見るとここまで来たかいがあります(^^)

最終回へつづく
スポンサーサイト
[ 2005/05/11 07:32 ] フリーテーマ | TB(0) | CM(26)

滝つぼの水の色がいいですね。
こんなに滝が連続しているところを山道が整備されているとはうらやましいですね。
[ 2005/05/11 09:21 ] [ 編集 ]

N2さん
ここの水の色は独特の色をしています(^^)
渓谷ですので岩場がゴロゴロしているところもありますが比較的歩きやすい部類だと思います。距離が往復で10km強ありますのでやはり疲れますが(^^;
[ 2005/05/11 09:29 ] [ 編集 ]

あれ?
しーたけさんの所じゃないのかと思っちゃいました。

虹も見えてますね~
七つ釜五段の滝に浸かってみたい、
あ~、いい湯だなアハハ~ン♪って感じで。
[ 2005/05/11 10:22 ] [ 編集 ]

byulo33さん
まだ暑くありませんがこれから暑い時期は水辺の写真も増えます(たぶん)(^^;

七つ釜五段の滝に浸かるのはやめておいた方がいいでしょう。
ここの水は鉱毒を含んでいるので飲むなと書いてありますので(^^;

見た目の美しさだけを楽しんだ方がよさそうです(^^)

[ 2005/05/11 10:50 ] [ 編集 ]

ここの水は、鉱毒を含んでいるからこそこの綺麗な色になっているのですかね。エメラルドグリーンと言うか青と言うか、本当綺麗ですよね。

それにしても本当に沢山の滝ですね。滝も撮りに行きたいけど、花も撮りたい。あぁ、撮りたい物がいっぱいで困った。。
[ 2005/05/11 11:31 ] [ 編集 ]

あんるさん
ここの水は本当に生で見た方がいいですよ(^^)
写真では伝えられない(私の未熟さもありますが)美しさがあります。緑の木々に囲まれせせらぎの音を聞く。ある意味贅沢な時間のすごし方かもしれません(^^)

撮りたいものは私もいろいろあるのですが・・・できれば時間も欲しいです(^^;
[ 2005/05/11 13:10 ] [ 編集 ]

西沢渓谷

私もいつも撮影しながらですから、疲れはあまりないですね。
特に今回は、シャクナゲの写真が目的でしたから、最後の胸突き八丁の階段もOK牧場でした。

貞泉の滝はスポットライトが当たっているようで綺麗ですね。
私が行った時は曇りでした(泣)

それから、七ツ釜五段の滝のところですが、あの橋に三脚を立てて撮影というのは難しいですね。
必ず人がいますから・・・
合間を見て、ということも可能ですが、相当の忍耐力が要求されます。

それと下へ下りる地点ですが、かなり崩れていましたね。
昨年はもう少ししっかりとした道があったんですが、今年は見事に消えていました。
落石の恐れもありますから、下りるのはやめておいたほうがいいでしょう。

今回もトロッコ道で、三箇所ほどで小石が落ちてきましたので、ビビリました。
かなり風化が進んでいるのでしょうか?
[ 2005/05/11 13:53 ] [ 編集 ]

ZEISSさん
貞泉の滝はちょうど日が当たってくれました。これを撮っていたとき人が頻繁にきていたのでじっくり三脚使いたかったのですがなくなく手持ちです(;_;)
七ツ釜五段の滝やっぱり下に行く道ありましたよね?今回あれ??って感じで思っていました。途中のコースでも前回(といってもかなり古い)とイメージが違う部分がいくつかありました。
渓谷道の風化は仕方ないかもしれません。
また土砂崩れも気をつけないと・・・
別のところでレスしましたが尾白川渓谷も橋が崩れましたし、こういうところは細心の注意が必要ですね
[ 2005/05/11 14:05 ] [ 編集 ]

しーたけさん

尾白川渓谷は×なんですか。
尾根道なんか行ったら大変なことになりそうです。
「神蛇滝」は行きたいところですが、暫くは無理ですね。
[ 2005/05/11 15:49 ] [ 編集 ]

ZEISSさん
なんかダメみたいです(T_T)
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/hokuto/index.jsp
北杜市のリンク貼っておきます。
ここの"楽しむ"へ入ってもらえればニュースにでています
[ 2005/05/11 15:55 ] [ 編集 ]

拝見しました

何処へ行くにも情報は事前にとっておく必要はありますね。
私は特に今回、西沢渓谷についてはお知らせがなかったのでOKだと判断して出かけました。

ネットというものはありがたいです。
怖いのは、現地に入ってから崩落等が起きた場合ですね。
西沢渓谷の場合、渓谷沿いとトロッコ道の両方で起きたら、どうやって帰るのでしょうね?
ヘリで救出を待つ???
[ 2005/05/11 16:07 ] [ 編集 ]

ZEISSさん
渓谷に入った後に何かあった場合、確かにやばいですね。
携帯も圏外の可能性もありますし。
最近、お気軽な格好で楽しむ方も増えていますが最低限の準備をして入るべきでしょうね。
[ 2005/05/11 16:12 ] [ 編集 ]

ヤバイです

携帯は確実に圏外でした。
私のはauですが、ドコモでも多分奥の方は無理でしょう。

ケガなどしたら対処の仕様もないですね。
寒いのにいましたよ、半そで姿が・・・
これで雨でも降ったら本当に危険ですね。

私は山にはいる時はいつもヤッケ又はカッパ、そして雨傘はザックに入っています。
あと余裕を持った食料と飲料水。
季節によってはストーブ。
これでも本格的な装備とは言えないですね。
[ 2005/05/11 16:47 ] [ 編集 ]

ZEISSさん
通常の渓谷レベルならその装備で問題ないんじゃないでしょうか(^^;

ちなみに私のはFOMAなので即圏外でしょうね(^^;
[ 2005/05/11 17:09 ] [ 編集 ]

虹を見ました

ご苦労されて撮られた作品どれも水の白と青さに圧倒されます。
七つ釜五段の滝(最下部)2枚、虹を確認しました。
竜神の滝の青みのある水と構図が気に入りました。
[ 2005/05/11 18:53 ] [ 編集 ]

キヅカレさん
この日は初夏を思わせるような暑さのせいか非常に気持ちよかったです。
龍神の滝の青み、ここの青みはみんなそうなのですが独特の透明感があるので好きです(^^)
[ 2005/05/11 20:58 ] [ 編集 ]

水の色がきれい

水の色がいいですね。滝釜も広そうで、沢登りだったら思わず飛び込んでしまいそうです。(^^)v
ZEISSさんも書かれている山の装備ですが、
これにプラスするとすれば、ヘッドランプですかね。山ではなにがおこるかわかりませんし、万が一下山する時間が遅くなってしまうと、山は真っ暗になってしまいます。懐中電灯よりもヘッドランプの方が両手がフリーになりますので安全です。ちなみに私はパナソニックの軽量のLEDのランプを使っています。あとホントに万が一ですが、30mのロープもザックに入れています。
[ 2005/05/11 23:44 ] [ 編集 ]

渓谷歩きも、それなりの装備を持たないと
危険ですね。美しい水の流れを見てみたい
と思っていますが、私にはそれらのノウハ
ウがありませんので、山歩き入門からはじ
めないといけませんね・・・
[ 2005/05/11 23:49 ] [ 編集 ]

油断大敵という言葉がありますし、
軽装での山歩きは、危険を伴うこと
を肝に銘じておく必要がありますね。
気温差は、予想以上に体力を減少させてしまいます。
私は、バイクて身にしみましたよ(;。;)
[ 2005/05/12 00:51 ] [ 編集 ]

ふみさん
パナのLEDヘッドランプ、私も持ってます(^^)
災害時にも使用できますし暗いところで作業するときも手が使えるので便利です。なるほど、今度はザックに入れておいた方がよさそう(^^)

オクトパス7号さん
私も入門の域を出ていませんが(^^;
あと靴は軽登山用でも構いませんのでちゃんとした靴を用意した方がいいかもしれません。靴が違うだけでもだいぶ歩きやすさが変わります。

FOXさん
山は天候が変わりやすいですし何があるかわかりませんからね。どこまで装備するかは個人の判断ですが・・・
今回の渓谷歩きで???って格好で来ている人も結構いました。
[ 2005/05/12 07:03 ] [ 編集 ]

ここは水の色が独特で良いですね。
川とか淵とか良い色だなとか思っても撮ったら見た目と違うことが多いです。
これからはこういう所が気持ち良い季節ですね。
私は何より一緒に行く仲間が欲しいです。
誰も付き合ってくれませんので・・・。
[ 2005/05/12 07:05 ] [ 編集 ]

EAGLEさん
私も渓谷は孤独に歩いています(^^;
ただこの写真を見せたら妻が行って見たいといいだしました(^^)
まぁほとんど自宅で療養中で体力がないのでいきなりは無理かと思いますが。花の写真はもちろんこういった渓谷や風景などもこれから撮りに行く予定です(^^)
[ 2005/05/12 07:19 ] [ 編集 ]

危ないところでした。
何も考えずに行って「???」な人になる所でした。
やはりそれなりの装備は必要なのですね。
まずは、スニーカーしかないから靴からだ。
ライトも必要と。
これに食料と水を持って、、最後にカメラとレンズ。
結構な重さになりますね。。
今回は、レンズは何を持って行かれたのでしょうか?
[ 2005/05/12 11:27 ] [ 編集 ]

あんるさん
大げさといえば大げさになるかもしれませんが、ちゃんとしていった方がいいですね。
ライトは私も持っていきませんでした(^^;

靴は昨年普通のウォーキングシューズで行ったら(別のところ)足の爪をやられたんですよ。リュックしょって下り道を行くとかなり足先に負担がかかります。そこでその後、軽登山用の靴を買いました。なかにはサンダル系でくる女性も見かけたのでビックリでした。

今回レンズは3本です。
メインがTAMRONの28-75mm F2.8。広角側がきついけどこれだけでもなんとかなります。
あとはEF-S 10-22mm とEF70-300mm DOです。

ぜひ行ってみてください(^^)
いいところというのはZEISSさんも保証済みです(笑)
[ 2005/05/12 12:53 ] [ 編集 ]

靴って大事なんですね。
やなりスニーカーでは厳しそうですね。怪我する前にそれなりの靴を購入した方が良さそうだ。
女性は見た目重視で、爪が痛いとか言いながら先っぽの尖ったヒールの高い靴履いてたりしますもんね。

EF70-300mm DOも持っていたのですね。
TAMRON 28-75mmF2.8の次は300mm単焦点なのかなと思っていました。
[ 2005/05/13 13:53 ] [ 編集 ]

あんるさん

足の爪にまできたのは昨年の渓谷だけでほかは大丈夫だったんですけどね(^^;
気分的なものもあるかもしれませんが足の負担も違うのかもしれません。

300mmの短焦点も短い渓谷道にはもって行く事もありますがズーム3本でかなりカバーできます。たぶん次回もこのトリオですかね(^^;
[ 2005/05/13 13:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shitake.blog8.fc2.com/tb.php/29-0e2813ad



無料カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。