スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒヤシンス 

shira_4779.jpg

露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 100
シャッタースピード : 1/1600秒
レンズ絞り値 : F4.0
レンズの焦点距離 : 300.00(mm)

少々前の写真になりますが・・・
ヒヤシンスです。
子供の頃、理科の授業で水栽培やりましたよね(^^)
もちろん地面に植えても育ちます(^^;
ユリ科の植物で花言葉は悲哀だそうです。
shira_t_4777.jpg

露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 100
シャッタースピード : 1/1000秒
レンズ絞り値 : F4.5
レンズの焦点距離 : 300.00(mm)

なんで悲哀なのか?
どうもこの花の由来にあるようですね
ギリシャ神話で、ヒヤキントスという美少年が太陽神アポロと円盤投げをしていると、ふたりに嫉妬したゼフィルスが強風を吹かせ、円盤は少年の額に当たりその時に流れ出た少年の血から生まれた花とされているからです。
登場人物は全員男ですが古代ギリシャでは同性愛というのは普通だったようです(^^;
私はやっぱりおねーさんのほうが・・・\(- -;)

shira_4865.jpg

露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 100
シャッタースピード : 1/400秒
レンズ絞り値 : F4.5
レンズの焦点距離 : 105.00(mm)

どうも綺麗な白にならず汚れたり花びらが傷んでいてなかなかうまく行きませんね(>_<)
来年もまた挑戦して見ます(笑)
スポンサーサイト
[ 2006/04/14 06:58 ] 花の写真 | TB(0) | CM(29)

わたくしも・・・

ヒヤシンスの可憐な白。その花言葉が悲哀ですか・・・。花を見ると似つかわしくないですが、ギリシャ神話を聞くと、なるほど、、、納得です(^^)
わたくしも、おねーさんの方が嬉しく思います(^^;
[ 2006/04/14 08:30 ] [ 編集 ]

オオノさん

はは、オオノさんもおねーさんですか(笑)
同性でも好感を持てる方はおりますが、素直におねーさんのほうがいいです(^^;

以前のスイセンのナルシストの話もそうですがどうもギリシャには美男系が多いですね。
[ 2006/04/14 08:41 ] [ 編集 ]

おはようです♪

 ヒヤシンス、前に赤ちゃんヒヤシンスを
見たときとても可愛いので撮りましたが。
 <悲哀>なのですね!
 オオノさんとのおねーさん談義に花が咲いているようですね。その花は何色でしょうか?^^
 白いお花は汚れがあるとショックです。
 難しい・・・
[ 2006/04/14 11:15 ] [ 編集 ]

なるほどー

「ヒヤシンス」にはそんな由来があるのですね.

白い花って、白トビはもちろん、傷みや汚れなんかも気をつけないと
なかなか難しいですよね.同感です.

私はおねーさんよりもうちょっと若い方が・・・(笑)
[ 2006/04/14 12:13 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/04/14 12:25 ] [ 編集 ]

こんにちは

太陽神アポロンと、西風神ゼフロスですね。西風神は移り気だったとか…。その上嫉妬心が強かったんですね。ヒアキントスがアポロンの方に惹かれるのわかる気がします。でも、そう言えば、本当にギリシャ神話には美青年が多く登場しますね~。私は、ギリシャ神話の世界をのぞいてみたいかも!
白って難しいですね。でも、しーたけさんのヒヤシンス、素敵です。最近、お天気がずーっと悪くて、太陽の姿を見ていません。光を感じる2枚目の写真にとっても惹かれます。
[ 2006/04/14 13:00 ] [ 編集 ]

gohanさん

何色でしょうかね(笑)
白い花は汚れが目立ちやすいですよね。
これは洋服も同じかな(^^;
庭にスズランがようやく出てきたのですがこれも汚れやすいんです。どうせでしたら綺麗に撮りたいですよね(^^)
[ 2006/04/14 13:26 ] [ 編集 ]

きゃめ男さん

白は色々な意味で難しいです。
毎年綺麗に撮ろうとしてもなかなかうまくいかないんですよね(T_T)

えっおねーさんより若いって・・・(^^;
[ 2006/04/14 13:28 ] [ 編集 ]

ゆきさん

風まかせなんていいますが、風の神様らしいですよね(^^;
神殿に美少年がいっぱいいたんでしょうかね?私もどんな感じだったかちょっとだけ見たい気がします(笑)
ほんと、天気悪いですよね
週末だけしかないので・・・すっきり晴れてほしいなぁ
[ 2006/04/14 13:32 ] [ 編集 ]

寒いです・・・

ヒヤシンスの由来、すごくドラマチックですね!!
古代ギリシャでは、同性愛ねぇ~?!
こんな風な歴史の勉強だったら、学生生活ももっと楽しめたのに~~笑
子供の頃水栽培で育てましたが、土でもいいんですね。^^
こちらでも白いお花が庭に咲き始めましたよ。^^
[ 2006/04/14 16:00 ] [ 編集 ]

Yumiさん

どうも学校の勉強は押し込まれている気がしてへそ曲がりの私としては・・・(^^;
不思議と自分で興味のあるものってどんどん調べていきますよね(^^)
まぁそれを調べる基礎知識として学校の勉強をやらないといけないのでしょうが・・・(笑)
[ 2006/04/14 16:15 ] [ 編集 ]

ギリシャ神話

星になったり、色々あって凄い時代ですね。(爆)
ヒヤシンスは、毎年同じところに咲いて、庭の彩りになるし、比較的簡単で手間要らずですから好きです。
[ 2006/04/14 21:13 ] [ 編集 ]

ピアノソナタ

こんばんは~♪

花言葉からベートーベンの三大ピアノソナタの一曲目「悲愴」を連想しました(^_^)v
三曲とも大好きでCD持っています(^^;)
なんだかお花のイメージもベートーベンに合うような気がします・・・
我が家のヒアシンスは青紫でお花もあまり密集していません。
白いお花も清楚な綺麗さでステキですね♪
[ 2006/04/14 21:17 ] [ 編集 ]

白い花とバック

ヒヤシンスのギリシャ神話に話題がにぎわって楽しいですね。

白い花とバックの暗さのコントラストに光が加わってどれも綺麗に輝いていますね。三枚目のも落ち着いた雰囲気に包まれて、好きです。
[ 2006/04/14 21:52 ] [ 編集 ]

ふん転菓子さん

確かにギリシャ神話の時代は色々凄いです(笑)
ヒヤシンスは比較的手入れが楽ですが花がピークを過ぎた後ちょっとどうしたらいいか悩むことがあります(^^;
[ 2006/04/14 22:17 ] [ 編集 ]

sahoさん

ベートーベンと来ましたか(^^;
私はピアノというとありきたりかも知れませんがやはりショパンが好き(^^)
白い花は清楚で綺麗ですよね
私も好きです(^^)
[ 2006/04/14 22:24 ] [ 編集 ]

キヅカレさん

今回は白い花でしたのでなるべく背景が黒くなるような位置を探しました(^^)
3枚目はちょっと遠目に咲く花をこっそり撮るイメージにしたのですがちょっと花が汚れてましたね(笑)
[ 2006/04/14 22:29 ] [ 編集 ]

そんな時は。

予め、少し背の高いチューリップとか植えておきます。花が終わると、一寸汚らしいという感じがどんな植物でも有りますから、背の高い植物で隠します。

もう一つが、鉢植えにして芽が出始めたら、花壇に鉢ごと埋めます。カセットポンと言うパタン。花が終わり葉が残るまで、そのままにして置くと、汚らしいと思うので、これならOK。鉢のサイズを同じにすれば、次の植物も同じパターンで植えられます。

遊園地の花壇とか枯れている花を見たこと無いですよね。
[ 2006/04/14 22:31 ] [ 編集 ]

我が家のヒヤシンスはもう、茶色になっちゃいました。
ベートーベンの「悲愴」!懐かしいです。しかし、難しかった・・・。ピアノをやめてかれこれ20年くらい経つので、大好きだった「雨だれ」も今じゃ、ヨボヨボです。
[ 2006/04/14 23:05 ] [ 編集 ]

ギリシャ神話

にはじまり、ショパンで締めるとは
ショパンさんもいまでいう「イケメン」
ですよ

遊園地などの花は、抜いてしまうのです
きれいさっぱりと
見たことなんどもあります
開館と同時に入りますと見ることが
出来ます^^
私は、花が萎れてきたら切ります
球根が痩せると聞いたのです
それと花柄摘みといいますね それも
しないと後の花が小さくなります

美形の男の子に関心ないおばはんより^^
[ 2006/04/14 23:27 ] [ 編集 ]

水栽培

ヒヤシンスと聞くと水栽培・・・
水栽培というとヒヤシンスと思うほど
私の脳みそに染みついています。

ギリシャ神話はよく知りませんが、私も
若い婦女子の方が良いです・・・
[ 2006/04/14 23:53 ] [ 編集 ]

こんにちは~♪
ヒヤシンスの名前の由来、キリシャ神話からだったんですね。
こちらはこれから咲きますが、神話のこと思い出しそう・・・(^^;;)

全く違う話ですが、大型スーパーでしーたけさん(ドコモダケの空気人形)
見っけしまして、思わずナデナデ、
楽しかった・・すいません(゚゚)(。。)ペコッ
[ 2006/04/15 16:16 ] [ 編集 ]

花の命

一番きれいな時期に撮影できればいいのですが、なかなかそうもいかないことありますよね~
傷んで茶色になって終焉を迎えるのも自然の摂理なのですがいつまでも美しいままで咲いていて欲しいと願うのはわがままかしら。
命のあるものは終わりがあるから美しいのかもしれないですね。
[ 2006/04/15 18:08 ] [ 編集 ]

ふん転菓子さん

なるほどね。
参考になります(^^)
確かに汚く見えることは避けられませんからそうすればいいんですね(^^)
来年はそうしてみます。
[ 2006/04/15 20:32 ] [ 編集 ]

裕之介さん

裕之介さんのピアノ聞いてみたいです(^^)
ピアノの音色って結構好きなんですよ(^^)
という私は猫ふんじゃったくらいしか弾けませんが(笑)もう無理かな・・・
どうも左と右で違うように弾くのは難しいです(^^;
[ 2006/04/15 20:35 ] [ 編集 ]

tonkoさん

球根を毎年綺麗に咲かせるのは種類によっては難しいですね
クロッカスやスイセンは比較的何もやらなくてもいいのですがチューリップは花摘みをしないと次の年、やせてしまいますよね
早速、早咲きの原種チューリップは花摘みをしました(^^)
[ 2006/04/15 20:38 ] [ 編集 ]

オクトパス7号さん

水栽培は小学校2年か3年あたりでやりましたよね(^^)
3年だったかな?
1年が朝顔、2年がヒマワリ、3年がヒヤシンスでしたっけ??

おや、若い若い婦女子ときましたか(笑)
私は私自身おじさんなので、年相応ということで(^^;
[ 2006/04/15 20:42 ] [ 編集 ]

かぼちゃさん

そちらではこれからですね(^^)

↑の写真は何かのアンケートに答えたら送られて来たものなんです(^^;
自分の写真を載せるのも何なので”た(だ)け”つながりでこれにしました(笑)
[ 2006/04/15 20:45 ] [ 編集 ]

fuulさん

確かに何にでも終わりがありますね。
人も生まれた瞬間からある意味カウントダウンが始まるわけですしね
ピークを過ぎればやはり美しさは無くなってきますがその時を精一杯輝かせることが大事なんですよね(^^)
[ 2006/04/15 20:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shitake.blog8.fc2.com/tb.php/360-6218f7f8



無料カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。