スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生きる 

kusu_7044.jpg

埼玉県越生町
ISO:100 f:9.0 SS:1/30 FL:10mm

前々から行ってみたいと思っていたものの場所を特定できずいけなかった上谷の大クスを見てきました(^^)
場所は梅林で有名な埼玉県越生町にあります。
樹齢はなんと1000年以上とのこと。
鎌倉幕府が1192年、その前の平安京が794年。年表風に言うとこの木は平安時代からということになるのでしょうか。
ちょっと調べたところ今から約1000年前というのは枕草子や源氏物語が書かれたころのようです。
kusu_7030.jpg

埼玉県越生町
ISO:100 f:5.6 SS:1/50 FL:10mm

このように木の周りは木道が整備されていて、ぐるっと回ることができます。
木道が傷んでいる箇所もありますが特に問題はないです。
県の天然記念物(県内一の巨木です)ですからしっかり管理されているのでしょう。

kusu_7034.jpg

埼玉県越生町
ISO:100 f:10.0 SS:1/60 FL:10mm

本当に静かで鶯の鳴き声だけがよく聞こえました。
この木の周りにいるとなんだか時の流れが止まっているようなそんな錯覚に陥ります。
この木は1000年以上も何を見てきたのでしょうかね?

生きるということは、辛い事や悲しい事があります。パワーがなければ生き続けるのは厳しいです。でも人の寿命なんてこの木にくらべたら本当に短いものですよね。楠木は暖かい地方で生育する木であり埼玉のような土地でこれだけ生育したというのは決していい条件のなかでの生育ではなく、それでも頑張って生きているんだなと目の当たりにしていろいろと思いました。

kusu_7041.jpg

埼玉県越生町
ISO:100 f:4.0 SS:1/50 FL:200mm

望遠で木の表面を撮ってみました。
積み重ねてできた皺(?)は年数を物語っています(^^)

kusu_7040.jpg

埼玉県越生町
ISO:100 f:2.8 SS:1/60 FL:200mm

まわりにはシャガがたくさん咲いていました(^^)

kusu_7029.jpg

埼玉県越生町
ISO:100 f:5.6 SS:1/40 FL:16mm

なんだかいいものを見た気がします。
私は車でしたが、おそらくこの木を見に行くであろうハイカーに何組かすれ違いました。
いつまでも長生きをしてもらいたいものです(^^)
スポンサーサイト
[ 2006/06/08 06:47 ] 訪問記 | TB(0) | CM(26)

いつの間に・・・

階段というか遊歩道が出来たんでしょうか?
私が行ったのは、もうかれこれ7年前のことでした。
その頃は、こういった施設?がなかたのでオドロキました。

この大クスは確かに凄いというか、いわゆる巨木ですね。
当時は銀塩で、20㎜でも入りきらなかったことを覚えています。
何だか、また見に行きたくなってしまいました。

これから名古屋へ日帰り出張です。
とにかくシンドイ話です・・・
[ 2006/06/08 08:06 ] [ 編集 ]

ZEISSさん

やはりZEISSさんは訪れたことありましたか(^^)
木道は恐らく5年位前にできたのではないでしょうか?最後の看板ができたのがH13年になっているのでその近辺に作られたのではないかと思います。

名古屋出張ですか(^^)
うちは最近経費節減のため国内は極力日帰りです(T_T)
出張って移動も疲れるしお客と話ししなければいけないからそれまた疲れるんですよね。

どうも私もかなり体に来ているようです(T_T)
[ 2006/06/08 08:20 ] [ 編集 ]

気になる木

とても大きくて雄大な木ですね。
日本を見つめてきた木。
こんな身近にあったとは。
先日似たような木を撮影しました。

木道は、木の周囲の根を痛めないためだと思いますよ。木の根を痛めると終わりですから。
[ 2006/06/08 09:22 ] [ 編集 ]

すごい木ですね。10mmを使っても入らないんですよね。
特に2枚目なんかはあまり広角を使っているという感じがしませんね。
1000年前と言うのだから凄いですね。
[ 2006/06/08 09:24 ] [ 編集 ]

木の魂・・・

 おはようです♪
樹齢○○○年というのを聞くと弱いです!
 樹皮を見ていると、感動を覚えます。
じっと動かずに、風雪に耐えて多くの命を育んできたのでしょうね!
 大切に守ってあげたいですね。
 シャガも見守っているかのようです・・・
[ 2006/06/08 09:50 ] [ 編集 ]

PHOTO IS MESSAGE

写真から木の息遣いが聞こえてきそうですね.
コンテストに出す写真も、バックがこんなに巨木だったら良かったなぁ・・・
個人的には3枚目の切り撮り方が好きです.
今度実家に帰るので、時間があったら越生行って見ようっと(^^)
[ 2006/06/08 12:20 ] [ 編集 ]

1000年・・・

生きるというタイトルにピッタリの写真ですね!!
しーたけさんのお写真を見て色々なことを感じました。
すごい生命力と力強さに感動で~す。^^
1000年の歴史・・・
いつまでも生きていってほしいと願います。^^
シャガのお花は、可愛いですね~♪
[ 2006/06/08 12:27 ] [ 編集 ]

ふん転菓子さん

この木を見上げているとなんとも不思議な感覚でしたよ(^^)
そっか、木の根っこがやられるとまずいですもんね(^^)
[ 2006/06/08 13:06 ] [ 編集 ]

N2さん

ご存知のように16mm相当のはずなのですが、それを超える大きさというのはなかなかのものですよ(^^)
時の流れってすごいですよね(^^)
[ 2006/06/08 13:16 ] [ 編集 ]

gohanさん

本当にこれからも長生きしてもらえるよう環境等含めて考えていってもらいたいものです(^^)
久しぶりにいい物を見たという感じです(^^)
[ 2006/06/08 13:17 ] [ 編集 ]

きゃめ男さん

ほんと、なにか伝わってくるような感じでした(^^)
越生に立ち寄ったらぜひ行ってみてください(^^)
何か感じるものがあると思います
[ 2006/06/08 13:32 ] [ 編集 ]

Yumiさん

1000年ってすごいですよね。
今でこそ人は平均で80くらいまで生きますが昔はもっと短かったわけですしものすごい時の流れを感じます。
シャガも世代を変えながらずっと見てきたんでしょうね(^^)
[ 2006/06/08 13:35 ] [ 編集 ]

(*'□')き、きれー。
凄いですねぇ~光の射し具合がなんとも。。。
木漏れ日って大好きです(*´∇`*)
[ 2006/06/08 13:41 ] [ 編集 ]

ショーリさん

実際にはやや鬱蒼としていたのですが、ちょっとだけ明るく現像してみました(^^)
それでもこれだけの木になるとやや暗い感じですね。ただそこから差し込む光がなんともいえませんでした(^^)
[ 2006/06/08 13:48 ] [ 編集 ]

こんばんは

巨大なクスノキを下から広角であおった構図が良いですね。
3枚目が好みです。
[ 2006/06/08 18:04 ] [ 編集 ]

気が遠くなる・・・

きっと、こんな大木ならムササビなどが住処にしているんでしょうね。
たくさんの生き物を見守っての1000年・・。
気の長くなる年月です(^^)

それにしても、見上げる構図の、1、3枚目が大木の大きさを如実に表現してますね(^^)
[ 2006/06/08 18:31 ] [ 編集 ]

圧倒されますね。

1000年てすごいですね!
木の生命力に圧倒されます。
ところどころに山の主のような長寿の木があるのですね。
何がそれを決めているのか知りたくなりました。

木に魂があって、戦いに参加した物語がありましたね。あれは何でしたっけ・・・。
木の霊とか神秘的なものが宿っているのでしょうか。
[ 2006/06/08 19:44 ] [ 編集 ]

isyotaさん

3枚目ですか(^^)
かなり無茶な格好で撮っています(笑)
アングルファインダーをつけて木道から降りないようにして身を乗り出して撮ったんですよ(^^;
[ 2006/06/08 20:52 ] [ 編集 ]

オオノさん

このときはウグイスの透き通る鳴き声だけがこだましていましたが他にもきっと居るんでしょうね(^^)
本当に大きな木でしたよ(^^)
[ 2006/06/08 20:55 ] [ 編集 ]

コスモスさん

この木を見ていると自分の存在の小ささに気づかされます。
物語の名前はちょっとわかりませんが何となくですが木の精がいるのでは??と思えましたよ(^^)
[ 2006/06/08 20:58 ] [ 編集 ]

生命力

1000年と一口にいいますが、すごいですね。
時代を遡ると平安時代?
源氏物語や枕草子が書かれた時代になるのでしょうか。
あと1000年経ったらどんな時代になるのでしょうね。
それまで生き続けてもらいたいものです。
そう考えると人の人生って短いですね~
[ 2006/06/08 22:14 ] [ 編集 ]

木というものは、とても長生きですね。
1000年の間には、いろいろな出来事があ
ったとおもいます。この木はそれを見てきた
のですね。

この木がまだ細い若木だった頃の世の中
は、今ほどせわしない世の中ではなかった
のでしょうね。
[ 2006/06/08 23:21 ] [ 編集 ]

クスノキ

おぉ、立派なクスノキですね。樹齢1000年ですか。すごい。私が住んでいる佐賀県の県木が楠なんですよ。
ですので、楠はいろんなところでみることができて、近所の神社にも大きな楠がありますよ。カメラもフルサイズになったので、17mmで撮ってみようかと思っているところでした。さっきネットで調べてみたら、佐賀県内にも樹齢1000年を超えるものがあるそうです。ちょっと行ってみたくなりましたよ。最終的には屋久島の縄文杉に会いに行きたいですね。
[ 2006/06/08 23:37 ] [ 編集 ]

fuulさん

確かに1000年ってすごいですよね
今後、1000年後どうなっているのでしょうかね。今ですら環境破壊や温暖化が問題視されていますが・・・
人類が生き延びているかどうかもわかりませんね。
まぁそうならないようにしなければいけませんね(^^)
[ 2006/06/09 07:12 ] [ 編集 ]

オクトパス7号さん

本当に長生きですよね(^^)
若木だった頃は確かにもっとのんびりとしていたのではないでしょうか?
もちろん戦はあったでしょうけど・・・
せめてこれからはこの木にとって暮らしやすい世の中・環境でいてもらいたいです(^^)
[ 2006/06/09 07:14 ] [ 編集 ]

ふみさん

私もいつかは縄文杉を撮りに行ってみたいなと思っています(^^)
大きな木のそばに行くと木に宿る精のようなものを感じます(^^)
そうですか、佐賀県の木は楠木だったんですね。ぜひフルサイズ広角の画角で撮ってみてくださいね(^^)
[ 2006/06/09 07:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shitake.blog8.fc2.com/tb.php/417-93260b67



無料カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。